インプラントセンター

はじめに

お口の中のインプラントというと、一般的には人工歯根・歯科インプラントがよく知られています。これは、歯がなくなってしまった人のために、あごの骨の中に差し込んで、歯の根の代わりをさせる人工物のことを言います。この人工歯根を利用して、さし歯や入れ歯の支えにします。

     

ただし、インプラントは人工歯根の他にも幾つかのものがあります。
それらの治療も含めまして、
栃木県内におけるインプラントに関する情報の発信源と安全かつ確実な治療を提供する場となることを目的として、当院に「口腔顎顔面インプラントセンター」が設立されました。

歯科インプラントは、こんな方にお勧めします。

1.虫歯もなく健康な歯を削りたくない方

ブリッジで治療する場合、両隣の歯を削らなくてはなりません。

  

インプラントだと削らなくてすみます。

  

2.入れ歯を入れたくない方、あるいは入れ歯が合わなくがたがたしたり、落ちてしまう方

当センターの特徴

  1. 血液検査、CTなどの術前診査の充実
  2. 難症例や広範囲に及ぶ骨移植等の関連外科手術
  3. 手術室や入院施設など手術環境の充実
  4. 歯科麻酔専門医による安全な麻酔

当センターで行う治療

1.インプラントを応用した矯正治療へのサポート
 歯列不正や顎変形症患者

2.顎骨骨折患者のインプラントを応用した骨折治療
3.歯科インプラント(人工歯根)

  • インプラント前外科的治療(サイナスリフト、骨移植、骨延長など)
  • インプラント埋入

  

  • 難症例への対応(顎骨腫瘍切除後、骨量不足例など)
  • トラブル症例への対応
  • (知覚神経麻痺、神経因性疼痛、後出血、迷入など)
  • インプラント除去

口腔外科のホームページも参考にしてください。

歯科インプラントに関する Q&A集

1.インプラント治療はどこの歯科医院でも治療を受けられますか?
2.インプラント治療は誰でも受けられるのでしょうか?
3.インプラントの寿命はどのくらいでしょうか?
4.インプラント治療は大変ですか?
5.インプラント治療に危険はないでしょうか?
6.インプラントの具合が悪くなったらどうするのですか?
7.骨がやせているのですが、インプラント治療は可能ですか?
8.治療費は健康保険が適用になりますか?

1.インプラント治療はどこの歯科医院でも治療を受けられますか?
基本的にはどこの歯科医院でも治療を受けられます。
インプラント治療は年々「進化」し続けています。最新の知識と技術、設備を備えているほうが良いことは言うまでもありません。
当センターでは口腔外科専門医・日本インプラント学会会員・日本顎顔面インプラント学会会員がインプラント手術や治療に当たっております。
お気軽にご相談ください。

2.インプラント治療は誰でも受けられるのでしょうか?
残念ながら現時点では誰もが受けられる治療法ではありません。年齢、健康状態、顎の骨の状態、口の中の状態などにより適していない方がいます。
一般的には次のような方は適しておりません。
【年齢】15歳以下の方
【健康状態】
 ・手術に適していない体調の方
 ・骨粗しょう症の方
 ・糖尿病の方(コントロールできている方を除く)
 ・高血圧症、心臓病、肝臓病、腎臓病(軽度の方を除く)
 ・貧血など血液疾患の方(軽度の方を除く)
 ・リウマチや皮膚病などでステロイドホルモンを使用し ている方
 ・アレルギー体質の方(薬物や金属アレルギー)
 ・その他
【顎の骨の状態】
 ・顎の骨がやせている方
 ・顎の骨の質が悪い方
【お口の中の状態】
 ・お口の手入れが良くない方、手入れが出来ない方
 ・歯周病(歯槽膿漏症)の方→歯周病が治ってからインプラント治療を行います。
 ・噛み合わせが悪い方
【その他】
 ・ヘビースモーカー

3.インプラントの寿命はどのくらいでしょうか?
多くの方は長期間使用できます。
インプラントの寿命は健康状態、顎の骨の状態、噛み合わせの状態、口の中の手入れの状態によって変わってきます。
毎日の手入れなど大切に使えば90%以上の方が10年以上使用できます。
 *手入れが悪いとどんなに他の条件が良くても長期間使えません。
インプラントは悪くなってもあまり痛みを感じません。すなわち、定期検診を受けなければなりません。

4.インプラント治療は大変ですか?
手術の必要があります。
*手術は歯を2~3本抜いた程度です。
*埋まっている親知らずを抜くより楽です。
*手術時間は1時間程度です。
 (注:埋入する本数により異なります)
治療期間が必要です。
*インプラントが骨と癒着するまでに3ヶ月~6ヶ月必要です。
*人工歯や入れ歯の製作に1ヶ月~2ヶ月必要です。
併せて4ヶ月~8ヶ月の通院が必要です。
(注:通院回数は数回です。症例によっては多少増えることがあります)

5.インプラント治療に危険はないでしょうか?
当院で使用しているインプラント材料は「純チタン」です。この「純チタン」はインプラントだけでなく多くの医療材料として使用されており、体内にも使用可能な安全な材料です。現在まで発ガン性などの報告は一切ありません。

残念ながらインプラントはすべての方が一生使用できるわけではありません。なかには除去しなければならない場合もあります。
除去しなければならない原因の多くは、「インプラント周囲の骨の炎症」です。
骨の化膿が広がらないうちに抜去すれば、危険なことはありません。
放置することにより、骨が腐ってしまう骨髄炎になる危険性もあります。
最も忘れてはならないことは、インプラント治療に伴う偶発症があるということです。
想定し得る代表的なものには、
・下くちびるの知覚麻痺(しびれ)やそれに伴う神経痛様の痛み
・上顎洞炎
があります。
これらの治療には専門的知識と技術そして設備が必要です。

6.インプラントの具合が悪くなったらどうするのですか?
残念ながらインプラントはすべての方が一生使用できるわけではありません。なかには除去しなければならないケースもあります。
インプラント除去は多くの場合「自分の歯」を抜くのと同じです。
インプラントを抜いた部位の骨が回復したら、再度インプラント治療も可能です。
ただし、骨の吸収が進んだ場合には再度のインプラント治療が不可能な場合があります。
*インプラントが悪くならないように手入れを行い、定期検診を受けましょう!

7.骨がやせているのですが、インプラント治療は可能ですか?
インプラント(人工歯根)は長さ8~17mm、太さが4mm前後のチタン製のネジ形態のものです。そのインプラントを支えるだけの十分な骨が必要です。
ただし、骨の移植により、インプラントに必要な骨を作ることも可能です。

8.治療費は健康保険が適用になりますか?
インプラント治療は健康保険診療の対象外になり、すべて自由診療料金(自費診療)となります。料金については、医院で変わります。

診療科・部門

診療科
■ 看護部   ■ 部門紹介
ページのトップへ戻る