循環器内科

概 要

 当院は、日本内科学会教育関連病院・日本循環器学会認定循環器科専門医研修施設・日本心血管インターベンション学会研修関連施設です。
循環器専門医と、高度な知識・経験を持つ専門スタッフが、最先端の設備を用いた高度の医療体制と技術で治療にあたります。循環器疾患の救急診療を積極的に行ない確立された医療を実践します。また併存疾患について総合内科医・各分野の専門医と合同で診療を行い、心臓のみの治療ではなく原因疾患への治療や予防へも力を入れた包括的な診療を行っております。
近隣の医療機関からの要望に応え、透析患者のシャント治療であるブラッドアクセスインターベンション(VAIVT/シャントPTA)を行える体制を整えました。



主な対象疾患

虚血性心疾患

急性心筋梗塞 不安定狭心症 狭心症・冠れん縮性狭心症
※虚血性心疾患の診断と治療

末梢血管疾患

閉塞性動脈硬化症 重症下肢虚血 深部静脈血栓症
※末梢血管疾患の診断と治療

不整脈

頻脈性不整脈 徐脈性不整脈
※不整脈の診断と治療

心不全

急性心不全・慢性心不全 心筋症・弁膜症 肺塞栓症
※心不全の診断と治療

ブラッドアクセスインターベンション(透析シャントPTA)

※ブラッドアクセスインターベンション

スタッフ紹介

役職 氏名 専門分野 認定医・専門医
循環器内科医長 足立 太一
(あだち たいち)
循環器内科全般
冠動脈インターベンション
末梢血管インターベンション
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
医学博士
臨床研修指導医
身体障害者福祉法指定医
日本ACLS協会 BLSインストラクター
日本ACLS協会 ACLSインストラクター
循環器内科医師 諏訪 秀明
(すわ ひであき)
循環器内科全般
冠動脈インターベンション
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
臨床研修指導医
循環器内科医師 古藪 陽太
(こやぶ ようた)
循環器内科全般 日本内科学会認定内科医
循環器内科医師 久野 貴弘
(くの たかひろ)
循環器内科全般 日本内科学会認定内科医
臨床研究部長 加藤 徹
(かとう とおる)
循環器内科全般
非侵襲検査
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医
日本臨床生理学会 評議員
臨床研修指導医
医学博士
獨協医科大学医学部 心臓血管内科特任教授

外来診療担当医表

土・日・祝日
午前 足立 加藤 足立 足立
福田(非常勤)
諏訪 救急および紹介患者
(要連絡)
午後 加藤
久野
古藪

※救急および、救急の疑い疾患につきましては、時間・曜日・受付時間に関らずその救急度に応じ診療致します。

 診療実績(2017年度) 

カテーテル検査治療総数 308
冠動脈インターベンション(PCI) 130
末梢血管インターベンション(EVT) 16
恒久的ペースメーカー植え込み 18
下大静脈フィルター植え込み/回収 2
心筋生検 3
右心カテーテル検査 25
心エコー 1736
経食道心エコー 7
運動負荷心電図 16
ABI /PWV 392
ホルター心電図 181
FMD 40
冠動脈CT 73
大血管・末梢血管CT 125
心臓MRI 15

虚血性心疾患の診断と治療

  1. 心臓カテーテル検査
  2. 冠血流予備量比(FFR)/瞬時血流予備量比(iFR)検査
  3. 冠動脈インターベンション
  4. 大動脈バルーンパンピング(IABP)
  5. 冠動脈CTアンギオグラフィ/心臓CT
  6. その他の検査機器

狭心症に対する的確な診断と高度の治療、急性心筋梗塞の急性期治療と再発予防のための薬物治療・心臓リハビリテーション、原因不明の胸痛や呼吸困難の患者様の原因疾患の診断と最適な治療、心エコー、CT(コンピューター断層撮影)・MRI(核磁気共鳴法)などを用いた心臓病の画像診断など、患者様に最適な診断と治療を提供します。症状が急激に起きた場合の緊急治療から原因となる動脈硬化に対する継続的治療まで、一貫して確立された医療と最新の医療を併せて、豊富な臨床経験を駆使して対応します。

1. 心臓カテーテル検査

カテーテル検査は心臓の状態を詳しく調べるために行なう検査の総称です。心臓の血管である冠動脈や心室の撮影(造影)を行う検査と、心臓の内圧の測定と心拍出量を行う右心カテーテル検査が中心です。狭心症や心筋梗塞は冠動脈が狭くなったり、詰まることが原因の病気なので、冠動脈造影を行なうことによって最適な治療方針を決めることができます。先天性心疾患、弁膜症、心筋症、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、それらが疑われる方にもカテーテル検査によってその診断と治療上の重要な情報を得ることが出来ます。


・造影剤の使用量が少ないです。

当院の冠動脈造影検査ではFilips Allura FD20によるローテーションアンジオ(Xper swing)を用いることにより、検査カテーテルの平均造影剤使用量は30.3mlと非常に少量です。


・手首の血管から行っています。

当院ではカテーテル検査・治療を手首の血管である橈骨動脈から行っています。検査後は左記のような止血バンドを装着し、検査後の安静はほとんどありません。

・他にもこのような検査があります

左心室造影:
心臓の収縮や弁の逆流を調べる検査です。
心エコー検査と総合して評価されます。


右心カテーテル検査:
現在の心臓の負担や機能を測る検査です。
心不全の診断、治療方針の決定、各種治療の効果判定、先天性心疾患の診断等に有用です。

心筋生検:
心臓の組織を採取して調べる検査です。主に心筋症の診断の際に行われます。


2. 冠血流予備量比(FFR)/瞬時血流予備量比(iFR)検査

冠動脈に狭窄があったときに、実際にどの程度血流が阻害されているかを調べる検査です。これにより治療(冠動脈インターベンション)が必要か、どの程度有効かを判断できます。複数の狭窄がある場合にはどこに治療を行うことが有効か、治療の優先順位の判断ができます。狭くても無害である狭窄(FFR>0.80, iFR>0.89)を判断し、不必要な治療を避けることが可能です。

3. 冠動脈インターベンション(PCI)

・冠動脈インターベンションは、冠動脈の狭窄を解除して心筋への血流を改善する目的で行なわれます。手首、足の付け根の動脈から治療用カテーテル(ガイドカテーテル)を心臓まで進め、ガイドカテーテルの内側から柔らかい針金(ガイドワイヤー)を狭窄部分の先まで通し、このガイドワイヤーを軸に血栓を吸引したり、バルーンカテーテルを膨らませて狭窄を拡げます。多くの場合ステントという金属の筒を留置します。治療時間は治療の内容と重症度により30分から3時間と幅がありますが平均70分程度です。冠動脈インターベンションには狭心症の症状の軽快、心機能の温存や改善、心筋梗塞への伸展を防ぐ効果があります。


前下行枝の高度狭窄

血管内超音波

ステント留置

最終造影

• 当院で実施する冠動脈インターベンションには下記のデバイスが用いられます。

• 掲載のデバイスは一例です。


バルーン
狭い部分を内側から拡げます。ステント留置
前後の拡張に広く用いられます。


スコアリングバルーン・カッティングバルーン
血管を拡張する力を高めるためにバルーンに突起やカッターが付いているバルーンです。
主に石灰化によって硬くなった血管を広げる際に用います。



血栓吸引カテーテル
主に急性心筋梗塞の際に、冠動脈内の血栓を吸引除去する目的で用いられます。


末梢保護カテーテル
カテーテル治療の際に、血栓やプラークが血管の先に詰まることを予防するデバイスです。



冠動脈ステント
狭い部分に留置し拡張を維持するために留置される主流のデバイスです。現在は再び細くならない薬剤が溶出する薬剤溶出性ステントが主流で、ステント内再狭窄により再治療を要する確率は非常に低率です。


薬剤溶出性バルーン
再狭窄を抑える薬剤が付着しているバルーンです。小血管、分岐部狭窄、以前に留置されたステントの再狭窄部分など、ステントの留置にふさわしくない部分に用いられます。ステントという異物を残さずにカテーテル治療を終える可能性が高まりました。

・急性心筋梗塞の治療は24時間対応です。

冠動脈が急に詰まって発症する急性心筋梗塞では、発症した瞬間から時間が経つにつれてダメージが大きくなるため、一刻でも早く冠動脈インターベンションにて冠動脈の閉塞を解除して血流を再開させる再灌流療法を行うことが大切です。日本循環器病学会のガイドラインでは急性心筋梗塞患者の病院到着から再灌流までの時間を90分以内を目標とすることが定められています。当院では24時間体制で臨んでおり、急性心筋梗塞の疑いのある患者の近隣医療機関、救急隊との連絡体制と、救急外来とカテーテル治療室の体制の整備により、当院の病院到着から再灌流までの時間(door to balloon time)は平均56分と大変短い時間を達成しています。

・カテーテル治療は手首の血管から行っています。

当院のカテーテル治療の約90%は手首の血管から行う経橈骨動脈アプローチです。足の付け根の血管からの行う場合と比べ術後の安静をほとんど要さず、身体的負担が圧倒的に低減できます。経橈骨動脈アプローチの全国平均は67.1%であることから、当院では手首の血管から実施する率が高率です。
なお重症患者や難易度の高いカテーテル治療の場合や透析患者さんの場合は足の付け根の血管から行います。

・専門チームで行っています。


開始前にはその日のカテーテル検査治療に携わる全職種でのカンファレンスで患者情報、治療方針の共有を行います。


冠動脈インターベンション、末梢血管インターベンション、ペースメーカー植え込み手術は循環器内科医、看護師、臨床工学技、放射線技師のチームで行っています。

4. 大動脈内バルーンパンピング(IABP)

急性心筋梗塞などの重症冠動脈疾患や重症心不全症例において、心臓の働きを助ける補助循環法の一つで、バルーン付きのカテーテルを大腿動脈から胸部下行大動脈内に留置し外部駆動装置を用いてヘリウムガスにて心臓の拡張期にバルーンを拡張し、収縮期にバルーンを収縮させることで心臓の働きを補助する補助循環システムです。 補助循環を要する状況は一般に重症であり、大動脈内バルーンパンピング単独で治療を行うことはなく、冠動脈インターベンションにおける血圧補助や集中治療の一環として用いられます。


MAQUET CARDIOSAVE™ IABP Hybrid

 

末梢血管疾患の診断と治療

  1. 末梢血管インターベンション(EVT)
  2. 下大静脈フィルター留置
  3. 血管エコー検査
  4. ABI・血管年齢測定
  5. 下肢動脈CTアンギオグラフィ
  6. 下肢MRIアンギオグラフィ
  7. 血管内皮機能評価(FMD)

下肢閉塞性動脈硬化症を代表とした末梢血管疾患を的確に診断し、重症度に応じた最適な治療を提供します。治療は禁煙、運動療法、抗血小板薬、血行再建、原因疾患・併存疾患の治療と多岐に渡りますが、特に血行再建法の主流であるカテーテル的血管内治療(Endovascular treatment: EVT)の成功率は狭窄病変で98%、慢性完全閉塞病変で92%と高い成功率で症例を重ねております。閉塞性動脈硬化症が好発する透析患者様の入院診療も可能です。

※閉塞性動脈硬化症が好発する透析患者様の入院診療も可能です。
※下肢静脈瘤の検査治療は血管外科外来にて承っております。

末梢血管インターベンション(EVT)

足の血管が狭くなったり詰まる病気である閉塞性動脈硬化症や重症下肢虚血に対し、血管の狭窄や詰まりを解除して血流を改善する目的で行なわれます。足の付け根、ふくらはぎ、肘、手首の動脈のうち1~2個所から局所麻酔して、太さ2.5mm程度の治療用カテーテル(ガイドカテーテル)を血管が詰まっている部分まで進めます。ガイドカテーテルの内側から針金(ガイドワイヤー)を狭窄部分の先まで通し、このガイドワイヤーを軸に、このガイドワイヤーを軸に、バルーンカテーテルを狭窄部まで進め、膨らませて狭窄を拡げます。治療により歩行時の足の痛みの消失・軽快、歩行距離の延長、重症下肢虚血においては壊死している場合は切断の回避、切断範囲の縮小が期待できます。


 浅大腿動脈閉塞に対する血管内治療

 総腸骨動脈閉塞に対する血管内治療

• 重症下肢虚血につきましては、EVTのほかに、整形外科、皮膚科、血管外科、内科による包括的診療を行っております。

• 末梢血管インターベンションには下記のようなデバイスが用いられます。


バルーン・カッティングバルーン
狭い部分を内側から拡げます。ステント留置前後の拡張に広く用いられます。


ステント・薬剤溶出性ステント
狭い部分に留置し拡張を維持するために留置されるデバイスです。


カテーテル治療の際に、血栓やプラークが足先の血管の先に詰まることを予防するデバイスです。


Crosser®システム

約2mmのカテーテルの先端が削岩機のように毎秒何万回も振動することで完全閉塞した固い血管にガイドワイヤーを通過させるデバイスです。
高度石灰化の進んでいる(特に透析治療を受けられている方)患者さんに対して従来の治療法が困難な場合への治療の選択を拡がりました。

不整脈の診断と治療

  1. 恒久的ペースメーカー植え込み術
  2. 植込み型ループレコーダー植込み術
  3. 電気的除細動
  4. Holter心電図検査

不整脈疾患の診断と治療を行っております。徐脈性不整脈についてペースメーカー植え込み術の適応を評価し実施しております。頻脈性不整脈については、不整脈診断、頻脈発作の停止・内服薬での治療を行っております。

※経カテーテル的高周波アブレーション、ICD/CRTなどのハイパワーデバイス植え込みにつきましては適応の評価の後に、信頼できる他施設へ紹介いたします。

恒久的ペースメーカー植え込み術

房室ブロック、洞不全症候群、徐脈性心房細動など、脈が遅くなることにより生じる失神、倦怠感、心不全に対して行う治療法で、手術は局所麻酔にて行います。これまではペースメーカー植え込み後はMRI検査ができませんでしたが、現在は条件付きMRI対応ペースメーカーが主流です。当院では条件付きMRI対応ペースメーカー植え込み患者のMRI撮影が可能です。
バッテリー消耗に伴うペースメーカー交換術を行っております。他院で植え込みをされた方の交換術も当院で可能です。

心不全(急性心不全・慢性心不全・弁膜症・心筋症)の診断と治療

心不全の主な原因としては、弁膜症や高血圧、心筋梗塞あるいは心筋症、不整脈といった疾患があります。また他の肺炎や貧血など心臓病ではない病気の結果として心不全を起こす場合も多くあります。心不全の原因の診断と、治療を行っております。

高齢者の心不全には病気ではなく加齢現象の終末像である場合があります。また多くの併存疾患を持った患者様では人生の最終段階としての心不全である場合もあります。このような場合、治療効果には限界があるため、功を奏さない積極的治療の追加を控え症状の緩和を中心とした心不全終末期としての緩和医療や、ACP(Advanced care planning/命のおわりについての話し合い)と、POLST(生命を脅かす疾患に直面している患者の 医療処置に関する医師による指示)の作成の提案や相談を行っております。

ブラッドアクセスインターベンション(透析シャントPTA)

近隣の医療機関からの要望に応え、2018年11月から透析患者のシャント治療であるブラッドアクセスインターベンション(VAIVT/シャントPTA)を行う体制を整えました。
透析を受けるためには、良好な内シャントの維持が必要です。現在シャントは修復が主流で、いかに今のシャントを長く使用し、シャント再建術を先送りにするかが重要です。当院では冠動脈インターベンション、末梢血管インターベンションの技術と経験を最大限に生かし、低侵襲で長期間の維持を目指したブラッドアクセスインターベンションを行います。

その他の検査機器

CTアンギオグラフィ(最新CTによる心臓検査)
最新マルチスライスCTの導入により、狭心症、血管疾患の診断を迅速に行っております。緊急度・検査の予約状況によっては受診当日の撮影も可能です。


東芝メディカルシステムズ Aquilion PRIME

冠動脈

下肢動脈(右総腸骨動脈閉塞)

下肢動脈(右浅大腿動脈閉塞)

心エコー


Philips iE33

心臓の機能を評価する検査です。迅速に詳しく心臓の機能を調べられます。循環器内科では初診日に実施できる体制を組んでおります。

ABI・PWV血管年齢検査

ABI検査とPWV検査は、手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表す検査です。この検査を行うことにより動脈硬化(血管の老化など)の程度や早期血管障害を検出することができます。

ホルター心電図

主に不整脈の検査で行われます。小型の携帯型心電図で24時間の心電図を記録する検査です。装着した翌日に外す必要があるため連続2日間の来院が必要ですが、検査に身体的負担はありません。

心臓MRI

主に拡張型心筋症、肥大型心筋症、心臓サルコイドーシスなどの心筋症とその疑い、陳旧性心筋梗塞において、診断、治療効果の予測、心筋の性状を評価するために撮影されます。

非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)

NPPVとは,気管チューブの挿入をせずにマスク装着だけで一定の圧力や決められた量の空気を肺に送ることができる人工呼吸器です。循環器領域では主に急性心不全(心原性肺水腫)の急性期の呼吸管理に用いられます。近年NPPVにより、全身麻酔下に気管内挿管を行う人工呼吸を多く回避できるようになりました。NPPVを要する状況は一般に重症であり、NPPV単独で治療を行うことはなく、急性心不全の初期治療・集中治療の一環として用いられます。

心臓リハビリテーション
現在当院では入院患者の心臓リハビリテーション(心大血管疾患リハビリテーションⅠ)を行っています。

治療方針を決定するカンファレンスを日々行っています。

7:45~ 17:00~ 17:30~
内科チームカンファ 循環器内科入院カンファ
カテ前カンファ
内科全体カンファ
内科入チームカンファ 循環器内科入院カンファ
カテ後カンファ
循環器内科入院カンファ
カテ前カンファ
内科チームカンファ 循環器内科入院カンファ
カテ後カンファ
内科全体カンファ
内科チームカンファ 循環器内科入院カンファ

循環器内科医募集中

循環器内科医の常勤医を募集しています。
①循環器内科専攻の後期研修医
②循環器内科スタッフ医師

業務の中心は、循環器救急と冠動脈インターベンションを主体とした循環器疾患全般の診療です。症例は豊富で多くの経験を積むことができます。循環器専門医、日本心血管カテーテル治療学会認定医・専門医、日本内科学会総合内科専門医の取得・維持が可能です。循環器疾患全般に興味を持ち、他科医師と協調して積極的に診療に臨むことができる責任感のある若手(40歳以下)の医師を募集しております。

③当院の下記の部門の充実または立ち上げを主導できる医師

見学、質問は随時受け付けております。
問い合わせ・連絡先
循環器内科医長 足立太一 tadachi@tochigi-mc.jp または
管理課長 小林正昭 mkobayashi@tochi.hosp.go.jp

 

診療科・部門

診療科
■ 看護部   ■ 部門紹介
ページのトップへ戻る