歯科・歯科口腔外科・小児歯科

口腔外科ホームページ

かみ合わせを治したい!という方へ

栃木顎変形症プロジェクト
 本プロジェクトは、歯列不正から始まり、
顎の成長発育のアンバランスによりなった顎変形症の方々に、
より確実・的確なアドバイスや情報が提供できればと考えました。
そして、東京志向の方あるいは東京まで行かないとダメなどとお考えの方に、
ここ栃木でも、同じレベルの治療が受けられることを
知って頂きたいという気持ちから、本プロジェクトが発足いたしました。

ところで、顎変形症とは?

「口は万病のもと」の中で、

「かみ合わせの異常 日本人に多い受け口」

かみ合わせの異常 日本人に多い受け口  歯列矯正、手術で治療

 

 江戸時代の浮世絵で、近松門左衛門が描いた「歌麿」や「ビードロを吹く女」に見られるしっかりしたあごを、社会科の教科書で見たことがあると思います。

元来、日本人の顔は欧米人に比べ、顔やあごの骨、特に下あごの成長発育がよく、いわゆる受け口になる傾向が強いといわれています。専門的には、「下顎(がく)前突症」と言います。下顎骨の過成長によりあごが前に出て、それにより歯並びが悪くなる。さらには歯がかみ合わない状態を言います。

中には、歯全体で数本しかかんでいなく、物が食べられない、かみ砕けない、さらに発音が不明瞭だったり、話しづらいといった深刻な状況を招きます。

 かみ合わせや歯並びを悪くする原因としては、大きく先天的と後天的なものの二つに分けられます。

先天的なものには、生まれつき歯が欠如していたり、歯の幅と歯が並ぶ提の長さのアンバランスによるもの、そしてあごの骨の成長によるものがあります。上顎骨は十二歳ぐらいまでに出来上がり、下顎骨は身長の伸びが止まってからもう少し伸びます。このあごの骨の成長が劣ったり、逆に過度になることにより、結果としてかみ合わせや歯並びを悪くします。

 後天的なものとしては、虫歯や歯周病、あるいは事故やけがで早くに歯がなくなってしまい、歯が動いてしまったことに起因するものがあります。あごの骨の骨折や顎関節症によるあごの変位もあります。特に幼少児期における顎関節部の骨折や炎症(顎関節強直症)は重大な原因となります。

そのほかの原因としては、指しゃぶり、口を常に開けて口で呼吸をする口呼吸、舌を前に突出するなどの弄舌癖(ろうぜつへき)、舌が大きくて歯並びの外にはみ出してしまう巨舌症などがあります。

さらにリウマチや骨髄炎によるあごの骨の吸収や変形といった原因もあります。原因は多種多様ですが、治療は歯列矯正や手術により可能です。


「顎(がく)変形症 手術はすべて口の中から」

顎変形症  手術はすべて口の中から

 

「昔がうそのように、今は何でも食べられます」「もっと早く治療すればよかった」「食べられるというだけで満足」

これは、かみ合わせの異常を治療するために行った手術後に、われわれが聞く最もうれしい言葉です。何でもよく食べられるという、人間の三大欲の一つをやっと満たされた喜びの声です。

 骨の発育により、かみ合わせに異常をきたしているものを総じて「顎変形症(がくへんけいしょう)」と言います。受け口(下顎前突症)、曲がったあご、上下の前歯の間にすき間ができていて歯がかまない(開咬症=かいこうしょう)といった状態が日本人には多くみられます。ほかには下あごが奥に引っ込んでいる(小下顎症)や下顎後退症、顔の中央部の突出感(上顎前突症)や落ち込み感(上顎後退症)がみられます。

 悪い歯並びや咬合(こうごう)不全を治すためには、歯列矯正で歯並びを整えることをします。あごの骨自体の問題により、過度にかみ合わせが悪い場合には、歯列矯正とあわせて、手術が必要となることもあります。

手術はすべて口の中から行い、あごの骨を切り、ずらしてかみ合わせを治すもので、その歴史は古く安全な手術です。

この手術は、かみ合わせ異常という病的状態を治療するものですから、健康保険の対象となります。十日間ほどの入院で、手術代や入院費を含めて、3割負担ならば二十―二十五万円ぐらいです。

 受け口がひどい場合には、そばもパスタも食べられません。かみ合わない歯の代わりに、舌と上あごの口蓋という部分で食物をつぶして食べている人もいます。もし、かみ合わせが悪く食事を丸飲みしているようでは、胃の負担も大きく、五―十年は寿命も縮むと言われています。

かみ合わせのことでお悩みをお持ちの方、是非ともご相談にいらして下さい。

さらに、詳しく知りたい方は、
こちらに

顎変形症の治療は
歯科矯正医と口腔外科医の協力により行われています。

両者の意見と患者さんの希望により
治療法が決定されます。

1.歯列矯正のみで
OKか

2.オーソアンカーと呼ばれる
インプラントのようなものを
併用しての歯列矯正でいくか
オーソアンカーとは

歯列矯正治療において、
歯ではなく骨に直接打ち込んだプレートやネジを固定として、
従来の歯どうしを固定とした矯正に比べ、
より強力にそして早く
あるいは従来では動かしようがなかった方向に
歯を移動させることができます。
SMAPオーソアンカー・システムのアンカー埋入術の実際
上顎臼歯部頬側への応用 
下顎臼歯部頬側への応用
 上顎口蓋側への応用
動かしたい歯や方向、そして矯正装置の位置により
埋め込みの部位やアンカーの向きまで変わるため
矯正専門医(担当医)との綿密な術前の相談が重要となる。


3.外科的矯正手術を
併用しなくてはならないのか

そのため治療前には充分な診査そして診断が必要です。

当科における治療の流れは、矯正歯科との連携から始まります。
さらに 必見ブログ
栃木で歯列矯正

診療科・部門

診療科
■ 看護部   ■ 部門紹介
ページのトップへ戻る