褥瘡対策チーム

褥瘡対策とは

はじめまして!私たちが褥瘡対策チームです

 「褥瘡(床ずれ)」とは、病気や怪我等で十分に寝返りができなくなった時に、圧迫などの影響により皮膚がダメージを受け水疱や潰瘍になってしまう 状態です。褥瘡は一旦発生してしまうと治癒までには大変時間がかかる難治性のキズです。近年ますますの高齢化に伴い寝たきりの患者様が増加しており、褥瘡 発生のリスクは年々高まっております。

 栃木医療センターでは、褥瘡発生を予防しキズのないきれいなお体で退院して頂くために、チーム医療 で褥瘡対策に取り組んでおります。褥瘡を予防するために必要なことは、すべての患者様に対して入院時からリスクを評価し、その患者様に合わせた適切なケア を実施することです。病院全体で徹底してこの対策に取り組むために、当センターでは2002年に「褥瘡対策チーム」を発足し活動を始めました。

 チー ムは医師・看護師・栄養士・薬剤師等の多職種で構成され、各職種の専門性を生かした多面的で総合的な褥瘡ケアを目指しております。さらに2006年からは WOCN(皮膚・排泄ケア認定看護師)を褥瘡対策専従で配置し、より質の高い褥瘡予防ケアの実現を目指しております。

褥瘡対策
専従看護師
WOCN  遠藤富美

褥瘡対策チームメンバー

* 医師 褥瘡対策委員長 : 内科部長医師
回診医師 : 皮膚科医師、外科医師
* 看護師 看護師長 1名
皮膚・排泄ケア認定看護師 2名
各病棟(および手術室)からのリンクナース 20名
* 栄養士    * 薬剤師   * 事務職員
* 医療安全対策から  医療安全室長(診療部長医師) と 医療安全係長(看護師長)

チームの活動内容

* 褥瘡回診 2週に1回  
※褥瘡を有するすべての患者様を回診致します

* スタッフ教育のための院内研修会 
新人研修会 年2回
全体研修会 年3回以上

* 会議およびリンクナース学習会 毎月1回

* 褥瘡発生リスク者数、発生状況、転帰等の実態把握と
データの管理
* 体圧分散マットレスの整備と管理
* 手順の検討と周知徹底、マニュアル整備
* 予防計画の確認・アドバイス
* 費用対効果を考えた材料の検討・管理

* 学会や院外研修等に積極的に参加し
メンバー自らがモチベーションを高める

回診風景
研修風景
WOCナースが中心となり看護師長、
リンクナースと共に研修会を企画し
チームで協力して研修・指導を行います。

活動の実績

リスクを有する患者数(1日平均)と当センターでの体圧分散マットレス所有数

 自分の力で思うように寝返りが出来ない患者様の、体にかかる圧迫を軽減させる目的で使用する「体圧分散マットレス」は褥瘡予防に欠かせない物品です。

 当センターでは患者様の状態に合わせて使い分けが出来るように、3種類の圧切替型エアマットレス(高機能タイプ、汎用タイプ、リハビリ対応などの多機能タイプ)と3種類の静止型マットレス(ウレタン、天然ゴム、ウレタンとエアのハイブリッド)を整備しております。

褥瘡発生数と発生率の推移

 褥瘡対策チームの活動は、今年で12年目になります。褥瘡の発生率は年々低下し、当センターにおける院内での褥瘡発生率は1.0%以下になっております。

 これは一般病院における褥瘡発生率の全国平均値1.4%(2010年日本褥瘡学会調べ)を下回る値であり、チームメンバーの協力と現場スタッフの努力の結果が出ていると考えます。

 しかしながら、数が少ないとはいえ当センターで褥瘡を発生してしまう場合もまだあります。私たち褥瘡対策チームは発生褥瘡ゼロを目指して、今後もチームで協力し、より効果的な対策が実現できるよう努力を続けて参ります。

ご相談を受けます!

栃木医療センターでは
「信頼」「貢献」「協働」を理念とし、地域のニーズに合った医療の推進を目指しております。

 褥瘡は難治性潰瘍であるため、治癒できないままに退院・転院になったり、治癒しても再発のリスクが高いために継続した予防ケアが必要な場合が多くあります。

 褥瘡対策チームは、「地域に開かれた褥瘡対策室」として、退院後の患者様の褥瘡ケアに関するご相談をお受けしております。お気軽にお問合せ下さい。

 

【お問合せ先】 

NHO栃木医療センター 褥瘡対策室

皮膚・排泄ケア認定看護師 遠藤 富美

TEL 028-622-5241(代)/ FAX 028-625-2718

お問い合わせには皮膚・排泄ケア認定看護師が対応致します。

必要に応じて当センターへの受診をお勧めする場合もございます。

また内容によってはお答えできない場合もあります。ご了承下さい。

病院紹介

ページのトップへ戻る