出前講座

看護の出前講座を行いました

看護協会から委託され、平成25年11月27日(水)高根沢町立阿久津中学校3年生を対象に
「いのちの講話」を行いました。

常日頃、命の誕生に立ち会っている私たちの感動や、その誕生が周りの人に多くの喜びや幸せ、
勇気を運んでいるということ、また命はたくさんの応援をもらい生まれてくること、そして命を大切に
して欲しいことをスライドや体験を通し話しました。

生徒さんからの感想

「命の大切さや1つの命が誕生するすごさ、
すばらしさを学んだ」
「パートナーを選ぶ大切さがわかった」
「性について正しい意識をもっていきたい」
「子供を産む事の大変さがわかり母親に感謝」
「命を大切にしていきたい」

内容

命のしくみ
生殖器について
分娩経過
命のバトンについて
助産のすばらしさ
男女の性
尊重し合うための性
男女で支え合うことの大切さ
胎児・新生児の赤ちゃん人形の抱っこ体験

今後も臨床の助産師の立場から若い世代の人達に「命の大切さ・性について」伝えていきたいと思います。

看護部

ページのトップへ戻る