教育・研修

教 育

Ⅰ.看護部院内教育計画

 

1.求める看護師像    
「人によりそい、想いに共感できる看護師になるために、誠実な心、真心、おもいやりのあたたかい心を持つ看護師」  

2.教育目的   
患者の安心と信頼に応えるために、知識に裏付けされた正確で、安全な看護を提供するために、自己研鑽に努め、看護の専門性、看護の質の向上を図ること

3.目標
  1)組織の一員として自覚を持ち、栃木医療センターの看護師として責任のある行動をできる人材
    を育成する
  2)臨床実践能力を高め、安全で質の高い看護を提供できる看護師を育成する
  3)専門職として自己研鑽に努め、自己の方向性を見出せる看護師を育成する
  4)管理能力を高め教育や研究活動に取り組む看護師を育成する

Ⅱ.看護職員の能力開発(研修)体系図 (国立病院機構の看護職員能力開発プログラム)


拡大表示する



Ⅲ.各コースの研修内容

 🌸ラダーⅠ(新人コース)時間内研修

  ・静脈注射研修 リフレッシュ研修 フィジカルアセスメント(4月)

  ・看護記録 輸液ポンプ BLS研修 コミュニケーション研修(5月)

  ・看護必要度 (6月)

  ・気管内挿管 (2月頃 手術室にて)  など

 🌸ラダーⅡ(2~3年目)

  ・ケーススタディ 病棟での役割(メンバーシップ)

  ・エルダー研修

 🌸ラダーⅢ(4~5年目)

  ・問題解決技法(リーダーシップ)

  ・エルダー研修

 🌸ラダーⅣ(6年目以上・幹部任用候補者)希望者

  ・看護研究(院外講師による指導・学会発表)

  ・地域包括ケア研修

 🌸ラダーⅤ(副看護師長・Ⅳまでの研修終了者)

  ・看護管理研修

 🌸その他の研修

  ・業務技術員 外来・病棟クラーク研修 

  ・災害研修(エマルゴ・トリアージ)

  ・看護倫理 リフレクション アサーション







Ⅳ新人看護師支援体制  (エルダー・メンター制)



1.新人看護師の育成

エルダー(3年目または年齢の近い看護師)

 精神的支援者・・積極的に声をかけ、不安や悩みを聞く。

 一緒に悩み、学び、振り返りを行う。

メンター(5年目以上の看護師)

 エルダーと一緒に精神面の支援を行う。

 看護技術面などに対し、具体的に教えたり、学習や実践に至る

 全般的な支援とアドバイスを行う。

各病棟でエルダー・メンター会を毎月開催し、情報を共有している。

病棟スタッフ全員で「新人看護師を育てる」体制をとっている。

また、先輩看護師は院内における「実地指導者研修」を受講している。


2.指導方法 

看護実践における技術的側面の看護技術の項目をアクションプラ

 (看護手順)を用いて、知識・技術・態度の面から指導を行います。

   清拭、食事介助、リラクゼーション、意識レベルの評価など・・

   約90項目あります。

知識の確認

技術の見学、練習、実施

患者さんへの説明、配慮などのシュミレーションを行い、患者に実施します。実地指導者ができるようになるまで関わります。定期的に確認を行います。





研  修

新採用者オリエンテーション

新採用オリエンテーション   
フィジカルアセスメントについて

 「血液を測るときに、みんなどんなことに注意しながら測定している?」


新採用オリエンテーション   
フィジカルアセスメントについて

 「血液を測りますよ」 ドキドキ


新採用オリエンテーション

 採血練習中


看護部

ページのトップへ戻る