採用案内

活躍する認定看護師

                       がん性疼痛看護認定看護師 山本 昭子

 患者さんが自分らしい生活を送ることが出来るよう疼痛軽減を中心として関わっています。特に麻薬性鎮痛薬の使用方法や使用量の調整、副作用の対策などを看護師が細かくアセスメントできるようにアドバイスしています。患者さんががんと診断されたときから全人的にとらえ、苦痛軽減がはかれるよう努め、がん看護の質の向上を目指していきます。


「感染症からみんなを守るために…」        感染管理認定看護師 丸山 沙緒里

 感染管理認定看護師の丸山です。私は病院に携わる全ての人々(患者さんと家族、職員、学生等)を感染症から守るために日々活動しています。感染対策で一番大切なことは手指衛生(手洗い、アルコール消毒)です。目には見えないばい菌が存在している事をみんなに理解してもらい必要な感染対策を行えるようにお手伝いしています。看護師だけでなく、患者さんと関わる職種に感染対策の勉強会を行い必要性を伝えています。院内には感染制御チームがあり、病院の中を巡回したり実際に患者さんの治療(抗菌薬の選択等)のお手伝いを行っています。患者さんが安心して入院生活を送れるように病院が一つとなって感染を予防するための活動を行っています。
他にも地域の方へ手洗いを広める活動も行っています。看護の日に手洗い方法を来客した方に伝えたり、小学校で「手洗い教室」を行い、寸劇で手洗いの必要性を伝え、自分の手洗いの洗い残しを見て実感してもらい、正しい手洗いの方法を教えています。感染は予防することが大切です。当院に来て感染について分からないことがありましたら、何でも聞いてください。一緒に普段感じている疑問を解決しましょう。


「メスとペアンとコッヘルと!」           手術看護認定看護師 薄葉美果子

 手術を受ける患者さんは、「まな板の鯉ですから」という言葉をよく聴かれます。しかし、その言葉の裏には、期待感と共に強い不安と恐怖が混在していると思います。患者さんの不安はどんな看護をしても、すべて取り除くことはできません。しかし、そんな患者さんのために、手術看護認定看護師として専門的知識と技術を駆使し「患者さんの精神的・身体的サポートと、患者さんを支える家族の精神的支えになれる存在でいたい」と思っています。
 手術室では、患者さんを中心に医師・麻酔科医師、手術室看護師、病棟や外来看護師だけではなく、他部門を含め病院全体(チーム)で協働し医療や看護を提供しています。これからも、最も侵襲の強い手術に関わる場所で「根拠のある安全で安楽な優しい看護、患者さんとその家族の支えとなる看護」を行えるよう日々研鑚して行きます。


「認定看護師としての活動」           皮膚・排泄ケア認定看護師 遠藤富美

 私は2001年に日本看護協会看護研修学校認定看護師教育専門課程を卒業、WOC(創傷・オストミー・失禁)看護認定看護師(現在の皮膚・排泄ケア認定看護師)の資格を取得致しました。現施設へは2002年に入職し、4年間の病棟勤務の後、2006年度より専従のポジションに就き、褥瘡対策を中心とした専門分野に従事しております。

院内での主な活動

【褥瘡対策】 医師・看護師・栄養士他の多職種からなる「褥瘡対策チーム」を発足し、多面的で総合的な褥瘡ケアの提供を目指しております。2006年からは「褥瘡ハイリスク患者ケア加算」を取得、より質の高い褥瘡予防ケアの実践を目指してチームの牽引役を担っております。
リンク ☞ 褥瘡対策チーム

【ストーマ外来】 ストーマを造設された患者様の相談窓口であるストーマ外来を担当しています。ストーマをもった皆さまが少しでも快適な生活を送ることが出来るようサポート致します。

【教育活動】 看護師の技術の向上と啓蒙のために院内研修会を企画・実行、手順やマニュアルの検討・整備等を行います。また、地域からのご相談や近隣施設からの講師のご依頼にも対応するなど、地域医療への貢献をモットーとしております。

皮膚・排泄ケアは患者様の生活に密着した極めて基礎的な看護技術を突き詰めたものであると考えております。日々の活動を通して、1人でも多くの看護師がこの分野に興味を持ち、患者様の生活の質の向上につながるケアの提供が図れるよう今後も努力して参ります。


「子どもたちのために」           アレルギーエデュケーター 田野井 寛子

 栃木医療センター小児科では、アレルギー専門医による気管支喘息の外来診療や入院治療、アトピー性皮膚炎の教育入院、また年間130例を超える入院食物負荷試験の実績に基づき、食物アレルギーの専門的なフォローを積極的に行っています。
 小児アレルギーエデュケーターとして、日々アレルギーに悩んでいるご家族や子供たちの不安を少しでも和らげることや、リスクを持っている子どもたちの成長・発達過程に少しでも力になりたいと思っています。

看護部

ページのトップへ戻る