ナースマンの部屋

成瀬看護師

私が看護師を目指したきっかけは高校の先生からの提案からでした。それは、病院で働きながら学校で勉強ができるというものでした。経済的にも厳しい状況でしたので「これだ!!」って思い、看護の事を何も知らずにこの世界に入っていきました。
いざ、勉強や仕事を始めると人とのふれあいや勉学が実際の場面で生きる事などとてもやりがいのあるもので、どんどんはまっていったのを覚えています。
ただ、色んな困難も当然あって自問自答しながら周りにも助けられてこれまでやってこられているように感じています。
ちなみに、男性看護師と女性看護師で違いがあるかと言うことを聞かれることがありますが、基本的に全て同じです。でも、ちょっとした力仕事や機械的なことでお役に立てることもたまにあったりはします。
あなたの看護力を栃木医療センターで発揮してみませんか?
多くの仲間を待っています。よろしくお願いします。

荒井看護師

男性看護師は昔と比べると、非常に多くなりました。昔は看護師といえば女性の職業というイメージがありましたが、これからはそういうイメージがなくなってくるように思います。看護の世界では技術や、知識はもちろんのこと、力が必要な場面が多く、体が動かない患者などを移動するときなど、男性看護師が入ることで、より広い視野で、患者のことをとらえる事が出来ます。
自分が看護師として心がけていることは、病気ではなく、患者の自身の事を知るということです。
患者は一人ひとり違う人生を歩んでいる中で、病気や怪我で病院へ訪れます。病気だけを見るのではなく、その人の今までの人生を知り、そこから言葉かけなど働きかけを行うことで信頼関係が生まれ、患者の思いに沿った看護ができると考えています。看護は、さまざまな患者とのかかわりの中で、人として成長させてくれる職業だと思います。

高橋看護師

幼少期は、親に連れられよく小児科や耳鼻科などに通院していたようです。記憶の片隅に、看護師が優しく接してくれた当時のことが印象にあり、漠然と人のために尽くせる仕事に就きたいと思っていました。いろいろな医療職を考えましたが、高校の担任の勧めもあり病院に就職しながら准看護学生より看護の道が始まりました。精神科、内科、耳鼻科、小児科を経て現在は整形外科で勤務しています。
急性期病院なので入退院が多く、優先順位やタイムスケジュールを常に考えながら業務を従事しています。男性であるため異性の患者様よりケアを遠慮されるときもあり、女性スタッフに助けを求めながら関わらせていただいています。
まだまだ男性看護師がすくないですが、必要としてくれている患者様がたくさんいます。男性の視点や感性も必要とされています。当院は福利厚生もしっかりしており、男性の育児参加も行えます。パパさん看護師もたくさんいるのでいろいろ困ったことは相談に乗ってくれます。皆様が当院で一緒に働けることを楽しみにお待ちしております。

看護部

ページのトップへ戻る