病院情報の公表

平成27年度 栃木医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 878 201 191 286 392 496 1056 1308 1209 324
年齢階級別退院患者数は、栃木医療センターを退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものになります。
当院は、「二次医療指定病院」として小児救急医療施設当番病院を行っており、15歳未満の小児医療の受入が非常に多くなっています。
また「地域医療支援病院」として地域密着型の医療を提供しているため、60代から80代にかけての受入も非常に多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

■内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 89 16.54 14.34 1.12% 76.43
050130xx99000x 心不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 25.75 18.3 0.00% 83.97
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 3.57 3.07 0.00% 68.28
高齢者の肺炎・急性気管支炎を多く扱っています。転院率も低く、退院後は在宅復帰に力を入れています。また、循環器専門医が勤務しており循環器疾患に対する多くの症例を扱っています。検査から治療までを一貫して行うことが可能です。

■小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 171 5.89 5.72 0.00% 2.43
100380xxxxxxxx 体液量減少症 131 4.67 9.18 0.00% 4.60
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 5.63 6.31 0.00% 3.97
「小児救急医療施設当番病院」として多くの小児患者の受入を行っています。専門領域は内分泌、感染症、アレルギー等の小児疾患に対応することが可能です。

■外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 11.04 9.17 0.00% 70.52
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 45 5.64 4.53 0.00% 74.20
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 副傷病なし 44 3.57 3.46 0.00% 62.80
「開放型病院」として、地域の診療所・病院の先生方と協力し診療を行っています。「開放型病院」とは、当院の施設や設備を開放し、かかりつけ医と当院の医師が共同で治療を行う診療形態です。また、「がん診療専門施設」として「消化器がん」・「肝臓がん」・「乳がん」の診療、下肢静脈瘤や末梢血管外科の専門的診療も行っています。

■整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 162 40.51 28.7 19.75% 83.40
160760xx97xx0x 前腕の骨折 副傷病なし 66 6.39 5.7 0.00% 52.18
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 60 26.42 21.52 5.00% 79.33
高齢者の股関節大腿骨折症例を多く扱っています。そのため、在院日数が長めになっていますが、これは手術後、早期にリハビリを開始し退院までに「自分の力で歩く」ことを目的としています。また、さらにリハビリが必要な場合は、リハビリ専門病院へ転院も行えるよう、医療連携も行っています。

■脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 9.31 11.91 0.00% 74.76
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 23.42 19.32 38.89% 63.03
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 33 21.33 18.08 21.21% 74.73
脳血管疾患に対して、検査から治療までを一貫して行うことが出来き、外傷に対する救急医療への受入、高齢者の受入も多く扱っています。栃木県脳卒中医療連携クリティカルパスを運用し、リハビリ専門病院やかかりつけ医との連携も行っています。

■小児外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 17 3.00 3.32 0.00% 3.00
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 9 3.00 8.85 0.00% 2.11
060150xx03xx0x 虫垂炎 副傷病なし 7 6.00 5.56 0.00% 10.86
新生児、乳児の消化器、呼吸器、泌尿器の先天性疾患を扱っています。また、小児期の消化管運動機能異常(習慣性便秘、遺糞症、臍疝痛、新生児嘔吐症、胃食道逆流現象等)及び夜尿症の治療も扱っています。

■産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 31 10.42 10.18 0.00% 47.35
120260xx01xxxx 分娩の異常 31 10.35 9.63 0.00% 31.52
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 30 10.33 10.43 0.00% 50.47
産婦人科は、年間約100症例以上の正常分娩、約30症例以上の帝王切開を扱っています。

■眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術・処置等2なし 片眼 4 5.50 8.62 0.00% 58.00
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 4 4.00 7.99 0.00% 65.00
020240xx97xxx0 硝子体疾患 片眼 2 5.50 7.42 0.00% 88.50
白内障を中心にクリティカルパスを使用した入院のため、全国平均在院日数より短期の在院日数になっています。また、他の診療科と連携し全身合併症や眼合併症を伴った白内障の手術治療も行っています。硝子体疾患に対して、低侵襲小切開硝子体手術が可能な設備や、網膜疾患や緑内障の診断に必要な眼底三次元画像解析機器を整備しています。

■耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 112 6.06 5.53 0.00% 38.61
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 56 7.93 8.20 0.00% 21.79
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 37 8.03 7.76 0.00% 52.03
扁桃周囲膿瘍や急性扁桃炎の症例を全年齢層に対して扱っています。また、上記疾患以外には、「突発性難聴」「めまい症」などを扱っています。また、「睡眠時無呼吸症候群」に対して短期入院での検査を行っています。

■皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 22 8.77 8.97 0.00% 70.14
080011xx99xxxx 急性膿皮症 13 13.15 11.97 0.00% 67.31
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 6 17.67 11.08 0.00% 66.17
帯状疱疹や急性膿皮症の症例を多く扱っています。保存的治療、手術治療を多く扱っています。

■泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 56 11.21 8.02 71.68
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 手術・処置等1なし 副傷病なし 47 2.72 2.89 53.47
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 手術・処置等1なし 副傷病なし 25 7.88 5.91 62.32
悪性腫瘍、尿路結石症等の症例を多く扱っています。尿路結石症に対して「体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」を多く行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 31 12 7 35 24 5 1 7
大腸癌 25 17 0 2 100 107 1 7
乳癌 7 10 1 2 61 13 1 7
肺癌 0 0 0 0 3 0 1 7
肝癌 0 0 1 3 2 11 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

現在、日本で最も多い5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)を進行状況ごとに症例数で集計したものです。
当院の特徴として、大腸がんについては、手術後の抗がん剤治療のために入院される患者さんが多くいます。胃がんについては、StageⅠ~StageⅣまで取り扱っています。
なお、当院では検査入院において「がん確定」に至らない場合、「不明」と分類します。
※Stageとは、がんの進行状態を示すものです。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 7 7.14 49.43
重症度 1 14 11.86 74.64
重症度 2 27 17.19 81.26
重症度 3 7 25.57 84.71
重症度 4 3 12.67 77.00
重症度 5 1 3.00 93.00
不明
成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。
当院では、地域情勢から考え「重症度1~重症度5」まで平均年齢が高齢者となっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 18 8.06 70.28 0.00%
その他 2 3.5 63.00 0.00%
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内
その他
I63$脳梗塞3日以内 147 27.07 74.45 19.05%
その他 14 23.71 67.86 7.14%
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 2 13.00 73.00 0.00%
その他 8 7.00 77.63 0.00%
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内
その他 3 10.33 72.00 0.00%
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内
その他 5 12.00 41.60 20.00%
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内
その他 1 3.00 62.00 0.00%
脳梗塞の病型別の患者さんについて、国際基準(ICD-10)に合わせて患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。
当院の場合、発症から3日以内の脳梗塞が多く、その大半は救急搬送によるものです。また、2割の患者さんは転院しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

■内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 71 3.76 3.86 1.41% 76.01
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 43 3.09 7.53 0.00% 69.16
K654 内視鏡的消化管止血術 30 3.83 16.60 0.00% 73.67
「K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術」は、大腸腫瘍に対する内視鏡的手術のことをいいます。
「K5493 経皮的冠動脈ステント留置術」は、狭心症に対する手術をいいます。狭窄したところをバルーンで拡張し、内腔側からステント補強する方法です。

■小児科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 3 0.00 2.33 0.00% 0.33
K7182 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 2 5.00 6.50 0.00% 7.00
K714 腸管癒着症手術 1 1.00 9.00 0.00% 6.00
小児の外科領域については、小児外科が消化器系疾患の手術を多く扱っています。

■外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 97 0.95 3.66 0.00% 66.95
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 67 2.16 7.46 0.00% 73.09
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 49 4.08 9.76 0.00% 60.33
「K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア」は、鼠径ヘルニアに対する手術をいます。多くは、網状の人工材料(メッシュ)を用いて補強する方法をとります。
「K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術」は内科同様、外科においても行う手術の1つになります。
「K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術」は、主に胆のう炎、胆のう胆石症などに行う手術です。全身麻酔下で行う手術です。

■整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 144 2.81 27.69 15.97% 75.44
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 80 1.90 16.48 2.50% 52.83
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 63 4.14 39.46 14.29% 82.52
「K0461とK0462 骨折観血的手術」は、各部位の骨折に対する手術をいいます。大腿骨の場合、平均年齢が高く、リハビリが必要な場合は、リハビリ専門病院へ転院も行えるよう、医療連携も行っています。

■脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 45 1.02 7.91 0.00% 75.42
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 21 1.29 23.71 14.29% 57.95
K1781 脳血管内手術 1箇所 8 1.25 14.88 0.00% 67.00
「K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」は、慢性硬膜下血腫に対して穿頭して抽出し洗浄、ドレナージを行う手術をいいます。
「K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング」は、脳動脈瘤に対してクリップを止め破裂の危険を防ぐ手術をいいます。

■小児外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 46 1.00 1.00 0.00% 4.46
K836 停留精巣固定術 16 1.00 1.00 0.00% 3.13
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 9 1.00 1.00 0.00% 2.11
小児外科で扱う手術は、新生児、乳児の消化器、呼吸器、泌尿器の先天性疾患となります。クリティカルパスを使用しているため。術前・術後どちらも平均1日となっています。

■産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877 子宮全摘術 39 1.10 8.64 0.00% 49.38
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 25 1.32 8.00 0.00% 48.96
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 23 5.61 8.00 0.00% 31.74
産婦人科では、年間約100症例以上の正常分娩、約30症例以上の帝王切開を扱っています。

■眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 100 0.01 1.00 0.00% 76.23
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 10 0.10 3.60 0.00% 63.00
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 3 0.33 4.67 0.00% 61.00
「K2821ロ 水晶体再建術」は、白内障に対する手術をいいます。当院では、片眼の場合、入院日に手術を行い翌日退院となります。
「K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術」は、硝子体疾患に対する手術をいいます。
硝子体疾患に対して、低侵襲小切開硝子体手術が可能な設備や、網膜疾患や緑内障の診断に必要な眼底三次元画像解析機器を整備しています。

■耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 57 1.44 5.67 0.00% 24.54
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 27 1.26 8.96 0.00% 49.96
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 16 5.06 8.25 0.00% 71.69
「K3772 口蓋扁桃手術 摘出」は、慢性扁桃炎や扁桃肥大などに行う手術をいいます。口蓋扁桃を扁桃被膜ごと前後の口蓋弓粘膜から剥離し、絞断器を用いて絞り取るように摘出します。
「K340-5 内視鏡的下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型」は、慢性副鼻腔炎などに行う手術をいいます。中鼻道を大きく開放し、罹患している副鼻腔の自然口を大きく開大し、副鼻腔内の病的に肥厚した粘膜を切除します。

■皮膚科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 11 1.55 12.45 0.00% 79.82
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 3 1.00 5.33 0.00% 39.67
K0134 分層植皮術 200平方センチメートル以上 2 7.50 14.50 0.00% 63.50
皮膚の悪性腫瘍に対する手術を扱っています。

■泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 54 2.00 10.61 0.00% 73.89
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 50 0.66 2.10 0.00% 54.48
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 36 6.92 10.00 0.00% 64.14
「K8036 膀胱悪性腫瘍手術」は、膀胱腫瘍に対する手術をいいます。
「K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」は、上部尿路結石症に対する手術をいいます。当院では、入院日に手術を行い翌日退院となります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる 8 0.13%
180010敗血症同一 16 0.25%
異なる 68 1.07%
180035その他の真菌感染症同一 1 0.02%
異なる
180040手術・処置等の合併症同一 7 0.11%
異なる 3 0.05%
入院中は、免疫力が低下している場合もあり、ウイルスや細菌による発症や新たに合併症を発症する場合があります。医療の質を高め深刻な事態を避けるためにも、これらの発症率を抑える取り組みを求められます。
※「入院契機」とは、入院の原因となった病気がもとで感染症や合併症を発症した場合を「同一病名」といいます。逆に、入院の原因とは異なって感染症や合併症を発症した場合を「異なる病名」といいます。
当院では、「敗血症」の併発が84人と最も多く、内68人は入院契機と異なる病気で発症しています。「手術・処置等の合併症」では10名と非常に低い発生率となっています。

更新履歴

2016/9/30 更新

ページのトップへ戻る