薬剤部

薬剤師のお仕事、ご存知ですか?

現在の病院薬剤師の業務は、従来型の調剤・注射薬払出しだけではありません。すでに調剤中心から、入院患者中心の形態になっています。医師、看護師等、他の職種の方とコミュニケーションを図りながら、カンファレンスやチーム医療に参加したり、病棟において薬剤管理指導や持参薬管理業務など、薬剤について関与しています。

調剤室

調剤室では、処方せんに基づいて処方監査・調剤・監査を行います。
オーダリングシステムにより、入院・外来ともにコンピュータによる処方作成、薬歴管理、薬袋作成など行っております。
処方箋の内容や、他の薬との飲み合わせなどを確認した後に調剤を行います。
注射薬についても処方せんに基づいて、処方の内容や配合変化等を確認して払い出しを行っています。


粉薬などの調剤後の区別が難しいものについては、監査システムを用いることで薬剤の取り間違い、量り間違いを防止しています。
また、飲み間違いや飲み忘れを防止するために、必要に応じて一包にまとめてお渡ししています。
調剤されたお薬は、処方内容を再度確認しながら、調剤に誤りがないかどうか監査を行い、
監査終了後、外来患者さんには窓口にてお薬をお渡しします。入院患者さんには必要に応じてベッドサイドにて服薬指導を行っています。

 

製剤室・無菌調製室

製剤室
製剤室では、治療上必要とされる市販されていない特殊なお薬の調製や、消毒薬などの処置等で使用される医薬品の調製、滅菌が必要な製剤品は、オートクレーブを用いて滅菌を行っています。

無菌調製室
無菌調製室では、高カロリー輸液や抗がん剤の無菌調製を行っています。
高カロリー輸液をクリーンベンチ内で調製することにより、衛生的に調製することができます。
無菌操作を必要とする点眼剤の製剤などはクリーンベンチ内で操作を行います。
抗がん剤を安全キャビネット内で調製することにより、抗がん剤調製時の被曝を防ぎます。

 

病棟薬剤業務・薬剤管理指導業務


医師・看護師等の業務負担軽減や、薬物療法の有効性・安全性の向上を目的として、各病棟に薬剤師を配置し活動しています。
各病棟において、適切な薬物療法の実施のために、入院された患者さんが持参した薬の鑑別、処方薬の確認や処方提案を行っています。入院時に、普段飲んでいる薬がありましたら、お薬手帳と一緒にご持参下さい。ご協力の程よろしくお願いします。
現在使用している薬に関して聞いてみたいことがありましたら、病棟薬剤師までご相談下さい。

 


医薬品情報管理業務

医薬品情報管理室は医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療従事者並びに患者さんへの医薬品情報の提供を通じて、良質かつ適切な薬物療法の発展をはかり、医療の向上と効率化に寄与しています。
主な取り組みとして、

  1. 医薬品情報の収集、整理、保管、提供
  2. 医薬品に関する情報提供の記録と管理
  3. 副作用報告
  4. プレアボイド報告
  5. 研修会の計画、実施

等が挙げられますが、上記以外にも毎月DI NEWSを発行し、最新の医薬品情報の周知に努めています。また、医療スタッフから副作用や飲み合わせ、配合変化をはじめ様々な問い合わせにも対応し、適正使用のために取り組んでいます。

チーム医療

薬剤師の関わっているチーム医療には、緩和ケア、感染制御(ICT)、栄養サポート(NST)、褥瘡、ポリファーマシー(副作用や飲み合わせを考慮して見直しを行う取り組み)、災害派遣医療チーム(DMAT)、心肺蘇生、生活習慣病教室等があり、積極的に取り組んでいます。今後とも他部門と協力し、質の高い医療を提供できる、信頼される薬剤部を目指していきたいと思います。

学生実習について

薬学部も6年制となり、実務実習が必須項目となりました。薬剤師が実際に行っている調剤・注射業務や服薬指導、チーム医療への参加などの実務内容の実習を行い、将来臨床の現場で活躍できる薬剤師の育成に努めています。
当院では、平成28年度よりⅠ~Ⅲ期において薬学生の実習生を受け入れています。

《実習に来られる方へ》
・初日集合時間:午前8時
・集合場所:薬剤部前(正面入り口から入って右側、11番窓口)
・持ち物:白衣、上履き、筆記用具、印鑑






















部門紹介

ページのトップへ戻る